2021年を振り返って

この一年は新型コロナウイルスの感染者数が減り、ついに収束かと思った矢先にオミクロン株の登場と、なかなか心穏やかに過ごせない365日でした。

そんな中でも映画『時の絲ぐるま』は本当にたくさんの方の支えがあって 、この一年で16回の上映を行うことが出来ました。また新年にも上映のお話をいただいており、まだまだ続きそうです。


さて、2008年に僕が木村毅生キャプテン率いるヨットのFang号の区間クルーとして、ボースンの朝長龍太氏と共に三人で北太平洋を横断したことは周知の通りですが、今年の10月に木村氏が病没。そして今月に朝長龍太氏が静岡県沖で遭難、行方不明となってしまいました。

カムチャッカ半島にシシュマレフ島、セントローレンス島にセントマシュー島。ダッチハーバーにコディアック、ジュノー・・・。北太平洋圏のロシア、アラスカを一緒に旅した仲間が短期間で消えてしまい、僕一人だけが取り残されたことに強い喪失を感じるこの年末。あの刺激的な光景と体験を思い出しながら笑って共感できる人がいなくなったことがとても悔しいのです。

けれど当時も何も言わずフラッといなくなってしまう朝長龍太氏のことだから、何もなかったかのようにケロっと帰ってくるのではと思ってみたり。はたまた大黒屋光太夫のようにアムチトカ島まで流されて無人島生活を生き延びて何年も経過してから凱旋帰国するのではと思ってみたり(池内博之の漂流アドベンチャーという番組でクルーとしても活躍したから、あり得るかも)。とにかく塩っけ漂う好漢だからこそ、ただでは終わらない。何か面白いお土産を持って帰ってきてくれる。そんな僅かな期待を胸に前向きな心でこの年末を乗り越えていきます。


それでは皆さんも良い年をお過ごしください。



2008年9月頃の朝長龍太氏。石井友規撮影。


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us