水中4K映像がおもしろい!


徳島の南部には、世界でも珍しい『千年サンゴ』というクリスマスツリー状の巨大なコブハマサンゴがあります。 それを4K映像で捉えるために国家資格の潜水士を取得し、水中で4K映像を撮影するための機材を揃え徳島の海へ潜りまくりました。 その千年サンゴはもちろん凄かったのですが、その海域で生息する生物がまた面白くて夢中になって撮影した思い出があります。

例えば・・・、オットセイやアシカの生態を彷彿させる『ナマコ』。 頑固オヤジみたいな面構えで停滞したり垂直で浮いている『カサゴ』。 そして、一生懸命口をパクパクさせて威嚇してくる『ウツボ』。

これらを4Kテレビで映し出すと手に取れるような錯覚にもなり、またそれを色々な子どもたちへ見せに行くと、クマノミの映像に「カワイー!」と興奮している次に「ナマコ」のトゲトゲ蛇腹感登場で一斉に『ギャーーーッ!』と悲鳴大合唱するのです。 子どもたちはみんな正直なので、そんな反応を見ることもまた面白いのですが、やっぱり4Kで見た目以上にリアルに感じるところが水中4K映像の醍醐味なのです。

さて、13年前にオーストラリアで体験ダイビングした時には、まさか潜水士の資格を持って水中撮影するようになるとは思っていませんでしたが、ずっと徳島の海ばかりだったので、これからはもうちょっと外へ手を広げてみようと思います。 今では様々な4K映像が世の中に溢れていますが、もっと様々な水中4K映像が広まればいいなー、と思うので、お仕事やプロジェクトで水中を撮影するときはぜひ僕にもお声がけください(^.^)♪

とはいえ、何の機材を持っているのかわからないといけないので簡単ながらも以下に記載しておきます☆

{機材等} スクーバー一式 スーツ(ウェット・ドライ)

Canon EOS-1D C(専用ハウジング付き) EF16-35F4L IS EF24-70F4L IS EF70-200F4L IS EF100F2.8L IS マクロ

FIX NEO2500DX(水中ライト)

MacBook Pro(15 Mid2015) Adobe Premiere Pro CC DaVinciResolve

ちなみにVRもやってます Kodak SP360 4K (専用ハウジング付き)

他ご不明な点は気軽にお尋ねください(^.^)☆

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us

​株式会社丸菱

JAPAN 徳島県名西郡神山町神領字谷289

〒 771-3311

電話 070 - 5460 - 7117

​maruvishi.Ltd

JAPAN

289 Aza Tani Jinryo Kamiyama Town Tokushima

POST CODE 771-3311

PHONE 070 - 5460 - 7117

​©maruvishi.Ltd 2014